歯科技工士のための国民年金基金 歯科技工士国民年金基金

TOP > 年金のしくみ

国民年金基金のしくみ

基礎年金に上乗せする第一号被保険者のための公的な年金制度

国民年金に上乗せして厚生年金に加入している
サラリーマンなどの給与所得者と国民年金だけ
にしか加入していない自営業者などの国民年金
の第一号被保険者とでは、将来受け取る年金額
に大きな差が生じます。
この年金額の差を解消するための自営業者など
の上乗せ年金を求める強い声があり国会審議な
どを経て厚生年金などに相当する国民年金基金
制度が平成3年4月より創設されました。
これにより自営業者などの方々の公的な年金は
「二階建て」になりました。


加入について
加入できる方は

歯科技工士の業務に従事している方。(専従配偶者を含む)
 
20歳以上60歳未満の方。
 
※平成25年4月から、国民年金に任意加入している60歳以上65歳未満の方も加入できるようになりました。
   詳しくはパンフレットをご請求ください。 

国民年金の被保険者で保険料を納付している方。(第1号被保険者)

加入できない方は

国民年金に加入されていない方。
 
配偶者の場合、厚生年金や共済年金の被保険者となっている方。
 
国民年金保険料を免除(半額免除を含む)されている方。 
 ※ただし、平成26年4月以降、法定免除の方(障害基礎年金を受給されている方等)が年金事務所に申し出て、国民年金保険料の
   
   
   

   納付申出をした期間は加入することができます。
 
農業者年金に加入されている方。
 
国民年金保険料を滞納されている方。




給付について
国民年金基金の給付は、老齢年金と遺族一時金です

基金の加入資格を途中で喪失した場合、一時金は支給されず、掛金を納めた期間に応じた年金が将来支給されます。


国民年金の老齢基礎年金を繰上げ受給する方は、基金の年金についても、国民年金の付加年金に相当する部分だけを受け取ることになります。


歯科技工士国民年金基金紹介映像

当基金のしくみを紹介したビデオ映像もございます。
下記リンクをクリックしてご覧ください。



歯科技工士国民年金基金紹介映像リンク